11/20/2017

特定の保育者から離れられないちひろちゃん (伊加)

  失礼します。特別支援教育コース3年の伊加彩音です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、「特定の保育者から離れられないちひろちゃん」という事例(松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育ー心も体も気持ちいい』ひとなる書房)について、討論を行い、考えたことを書きたいと思います。

  この事例は、特定の保育者と一緒のときにしか安心感を感じられず、落ち着かないちひろちゃん(7ヶ月)が、安心感・期待感を得るためには、また、人間関係を広げ、楽しい時間を積み重ねるためにはどうすればよいかを実践したものです。

  保育者は、ちひろちゃんの期待感を育てるために、好きな遊びは何か探ることから始め、楽しい時間を積み重ねていきました。その結果、ちひろちゃんと、期待・楽しみが伴ったやりとりができるようになり、新しい担任の保育者は、楽しい時間にいっぱい関わっていきました。

  討論の論点は、特定の人物にこだわっていた子どもの人間関係を広げるためには具体的にはどうすればよいかということでした。この実践を踏まえて、心が不安定な状態では安心できる人の側からは離れにくいだろう、楽しい時間ならば、楽しい遊びを一緒に遊ぶ大人と認識し、人間関係が広がっていくのではないか、という話になりました。

  好きな遊びを探り、安心できる人を通して環境の変化にゆっくりと慣れていったり、新しい人と関わって楽しい時間をたくさん積み重ねたりすることが大切だと感じました。


どうやったら眠れるかな?(塩見)

 失礼します。幼児教育コース3年の塩見華奈です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、「どうやったら眠れるかな?」松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育:心も体も気持ちいい』ひとなる書房)という事例について討議し、考えたことを書きます。

 この事例は、ぐっすり眠れないりゅうじくん(3ヶ月)が気持ちよく眠れるために、保育者はどのように働きかけるか。家庭での生活リズムも踏まえつつ、園の生活リズムに慣れるためには、具体的にどうしていけばよいのか実践したものです。

 保育者は途中で腰をゆらゆらすることで、りゅうじくんが眠れることに気が付きましたが、「寝かせられること」が目的にならないように、「それでしか寝ない」ではなく、やっぱり自分で眠くなって寝ることを大切にしたいということでした。
 1つの方法を見つけたら、その方法をずっとやってしまいがちですが、なぜ保育者はそれでも試行錯誤をし続けたのか話し合いの中で話題になりました。
 この方法でしか眠れないというよりは、この方法でも眠れるし、あの方法でも眠れるというように、子どもの選択肢を増やすことが大切なのではないかという話になりました。
 確かに、0歳児の赤ちゃんは自分で選択肢を増やしたり、考えることは難しいので、大人と一緒に眠れる選択肢を広げていくことが大切だと思いました。まさに、子どもとつくる保育だなと感じました。

11/18/2017

動けるうれしさが心を育む(西本佳世)

 失礼します。特別支援教育コース3年の西本佳世です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、『動けるうれしさが心を育む』という事例(松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育:心も体も気持ちいい』ひとなる書房)について討議し、考えたことを書きたいと思います。

 

 この事例に登場するさやちゃん(1歳2ヵ月)は、環境の変化が苦手で、先行する「気持ち」に追いつけるような体の「動き」ができません。保育者は手を添えながら、いろいろな体の使い方を知らせたり、さやちゃんの気持ちを大切にして成長を一緒に喜んであげたりすることで、さやちゃんは環境が変化しても気持ちと体のバランスがとれるようになっていきます。

 討論の論点は、環境の変化による不安定な気持ちに対して、具体的にどのような手立てが考えられるかということでした。皆と話し合っていく中で、さやちゃんが信頼をおいている川瀬保育士を介して他の保育士とも喜びを共有したり、一緒に遊んだりすることで、少しずつ新しい環境に慣れるような支援をするとよいのではないか、保育士が逆模倣をすることで、同じ動きを通して近い存在であることを認識していけるようにするとよいのではないかという意見が挙がりました。

環境の変化によって不安な気持ちになるのは、誰にでもあることです。まずは、信頼関係を築き上げるために、誰と楽しい時間を共有するのか、さやちゃんにとって安心できる環境・人・時間はどんなものか、さやちゃん自身が何をしたがっているのかなど、さやちゃんの心が満たされるための工夫をしていく必要があると感じました。

9/04/2017

EECERA 2017 Conference(松本・松井)

松本・松井の両名で、8/29-9/1という日程で、ヨーロッパ乳幼児教育学会に参加し、研究発表をしてきました。
松井先生は二度目の参加、私は初めての参加になります。
会の位置付けとしては文字通りヨーロッパになりますが、ヨーロッパ各地はもちろん、アジア、中東、アフリカ、オセアニア、北中南米とまんべんなく参加者があるので、実質的には世界の保育・乳幼児教育研究の中核を担う会と言ってよいと思います。
全体では1100人の参加がありました。

会全体のテーマは 'Social justice, solidity and children's right' 社会正義、連帯と子どもの権利。
基調講演をはじめ各セッションでは、What education is for? / What is Early childhood education for? For whom? Who says so?
つまり、何のための、誰のための教育・保育か?が繰り返し問われていました。
そして、それぞれのセッションにおける、保育内容、カリキュラム、評価、実践等々の議論を貫き何度も登場していたキーワードは
Democracy 民主主義
Pedagogy in Participation 参加を基盤とする教育
Equality 平等
Companionship 協同
Respect to children 子どもの尊重
Ensuring children’s rights 子どもの権利の保障
Public communication 開かれたやりとり
Cultural and social diversity 文化と社会の多様性
social cohesiveness 社会のまとまり
などでした。

教育や保育に関する政策を私たちが受け取る際、今、目の前の社会のおかれている状況との関係を考え、議論の方向性をイメージし、それらを理解しようとすることが一般には多いのではと思います。たとえば少子化や経済状況があって、この方向性なのか、といったぐあいです。

いっぽうで長い単位を考えてみると、それが国際的な方向性と強く関係して展開することは不可避だと思います。
これからの乳幼児教育は、子どもとつくるものであり、その際は子どもはもちろん、大人も子どもをはじめとする他者とのコミュニケーションを介して陶冶されていく。
その帰結点が、民主主義ということですね。

つまり、日々の保育実践は、民主主義すなわち私たち一人ひとりにとって幸せな社会をつくるためにあるものだし、かつそういう方向でこれからの社会を担う子どもを育むことが、これからの乳幼児教育に強調されていく方向性と予測することができます。
目の前に提示されている課題に向き合う際、これから向かうであろう、大きな流れを俯瞰して実践や研究を展開していくことが、結果的に目の前の実践や研究を位置づけ、見通すことになることを、改めて実感することができました。
一人ひとりが、それぞれのやりかたでできることがあるのだと思います。

自分たちのセッションでは、
What do ECEC children learn through art appreciation in museums?
というタイトルで、少し前のものになりますが、香川県立ミュージアムや地域NPOと協同しての取り組みを発表しました。
国宝だから、誰かが言うからすばらしいではなく、自分たちが好きな作品を、自分たちの手で見つける経験ができるために。
その意味では、今回の会のテーマと重なります。

大規模な会であったことも合わせ、自分たちがこの発表を通じ、ヨーロッパ乳幼児教育学会に十分貢献できたかというと?まだまだ継続と努力が必要ですが、上記のような国際的な保育の熱い流れを、文献だけではなく改めて確認し、実感できたという意味で、こちらとしては多くの学びを得る貴重な機会となりました。
街の気温も、会での議論も、Gala Dinnerでのダンスもアツかったです!(さすが。。。)









7/06/2017

6/26ゼミ


失礼します。松本ゼミ3年のしおみです。
この日の15分せんせいはゆうき先生です。
お花紙、綿をビニール袋に詰めてカラフルヨーヨーを作りました。
1歳児さんの中には、お花紙を上手にちぎれない子もいるかもしれませんが、ビニール袋の中に詰めるだけでも楽しいと思えるのではないかと感じました。また、綿の感触がふわふわしていて気持ち良かったです。
ネコを作ったり、てるてる坊主を作ったりとみなさん個性的なカラフルヨーヨーができていました。とても楽しかったです。

ゆうき先生ありがとう!






7/04/2017

2017.6.12 ゼミ


松本ゼミ3年のゆうきです。

6月12日の15分せんせいではなつみ先生が「新聞紙で遊ぼう」をしてくれました。


新聞紙には、破る・ちぎる・丸める・見立てる・音を楽しむなど、様々な遊び方ができるという魅力があるということを実感しながら新聞紙遊びを楽しむことができました。

また、大小のビニール袋も用意されていたことで、風船やボールのようにして遊ぶこともできました。それだけでなく、ビニール袋があることによって、たくさん遊んで散らかった新聞紙を楽しく集められるため、子どもが「片付け」を「遊び」と思えるような工夫も込められていました。


可能性が無限大な新聞紙だからこそ、遊び方を絞ってみても楽しくなりそうだと思いました。乳児ではなく幼児だとどのような遊びの展開ができるのだろうということも考えさせられました。


みんな楽しそうでした!










6/5ゼミ

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。松本ゼミ3年のしおみです。

この日のゼミはあいち小児保健医療総合センターから松本先生の教え子さんである、さえさんが来てくださいました。
今まで、病院で働く保育士を想像できませんでした。病院の中には、言語聴覚士や臨床心理士など様々な職種の方がおられます。その中の1つに保育士があります。保育士は医療的な処置はできませんが、子どもに限らず、家族の心のケアをされているということを知りました。
子どもの死に直面することもあり、その後の家族支援も大切にされているそうです。私たちの日常では触れることのないようなお話を聞かせていただきました。

さえさんありがとうございました。