12/13/2017

身ぶり表現・ごっこ遊びってこんなに楽しいっ!(笠井)

 失礼します。特別支援教育コース3年の笠井祐里です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業において、「身ぶり表現・ごっこ遊びってこんなに楽しいっ!」という事例(大阪:さくら保育園 2歳児ひまわり組の保育実践 ちいさいなかま編集部(編) 保育のきほん2・3歳児 ちいさいなかま社)について討論を行い、考えたことを書きたいと思います。

1歳児クラスから進級してきた子どもたちのなかで、数人の新入児は少し離れて様子を伺っているような状態からスタートした2歳児ひまわり組。生活経験を土台とした表現遊びを楽しみ、さらに友達と一緒に遊ぶ楽しさも感じてほしいと考え、実践されている事例です。

保育者は、絵本に登場した「とんぼのあかねちゃん」を生活の中に取り入れて、実体験に結びつくような場を設定されています。実際にクラスでヤゴを育ててとんぼになる姿を見たり、クモの巣探しに夢中になったりすることで、あかねちゃんの絵本の世界から、子どもたちのイメージもふくらんでいきます。そして、運動会種目「とんぼのあかねちゃんごっこ」では、新入の子どもたちも一緒になって表現することを楽しむことができました。

この実践を踏まえて、豊かな身体表現を促すための手だてについて考えました。討議では、まずは楽しい雰囲気作りをすることで、遊びの延長線上に表現活動を引き出すことが必要だという話になりました。嬉しい、びっくりしたなどと感情が動いた経験だからこそもう一度再現したくなるのではないかと感じたので、そのような場を設け、子どもたちの気持ちがたくさん動く機会を作っていくことが大切だと思いました。

12/12/2017

1歳児なりの主体性を考えて(西村)

失礼します。幼児教育コース3年の西村彬です。
今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で「1歳児なりの主体性を考えて」(松本博雄・一歳児の「自分で思って自分で決める」をどう育むか 現代と保育)という事例について討議し、考えたことを書きます。


この事例は、自分の思いや主張がまだ弱い一歳児なりの主体性を育むために、保育者はどのように働きかけるか。園での生活、遊びの中で子どもが思いを伝える、自分で決めるために具体的にどうすればよいのか実践したものです。
保育者は、子どものなかで同じイメージを持って遊べる体験を考え実践しました。最初は、大人に伝えたいという主張だったのが、主張し、そのことに友達が共感してくれることに喜びを持てるようになりました。また、大人からのイメージの発信から子どもからの発信へと変化していきました。


討議の中で、待つことの重要性ということが話題になりました。保育者からの発信ばかりでなく、子どもの気持ちが整理できるように待つことも大切だとわかりました。「共感」ということが今回の実践において重視されていましたが、共感とは子どもの主張を待って受けとめるだけでなく、自分からも働きかけ引き出すことであるということも討議のなかで考えることができました。


主張することに不安を持つ子どもの思いを受けとめて、引き出すという共感から子どもの主体性を育てていくことが大切だと感じました。

12/11/2017

興味を引き出す「くり返し」(西崎)

失礼します。特別支援教育コース3年の西崎葵です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、「興味を引き出す『くり返し』」という事例(松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育:心も体も気持ちいい』ひとなる書房)について討議し、考えたことを書きたいと思います。

この事例では、保育者への発信は多いけれど、保育者からの働きかけに対しては少し反応が薄いとおるくん(10ヶ月)にとって、受け止めやすい働きかけをするにはどうすればよいかということを考えていました。その中で保育者は、毎日の生活の中でくり返し思いを歌に乗せて伝えたり、実物を見せながらやってみたりしていきました。また、「楽しいね」「おもしろいね」と目を合わせ、気持ちを共有していくことも大切にしていました。

論点として、子どもにとって分かりやすく受け止めやすい働きかけとは具体的にどうすればよいかを考えていく中で、言葉だけでなく、歌や実物を見せたり実際にやってみせるなど、視覚や聴覚、身体といったさまざまな感覚を使って伝えるとより効果的ではないか、という意見がありました。また、子どもの発見を見逃さないようにしっかり観察すること、その発見を次の活動のきっかけにしていけるようにすると、子どもにとって受け入れやすい働きかけとなるのではないかという意見も挙げられました。


子どもたちは身の回りのさまざまなものに興味を示します。子どもの目線の先にあるものを探って、「何だろう」や「やってみたい」という気持ちに寄り添うことが大切だと感じました。そして、子どもたちが受け入れやすい方法で、生活の中で何度もくり返すことによって、子どもたちの興味をより広く深くしていくことができるのだと思いました。

ハッとする心の動きをつくり出す(日高)

 失礼します。小学校教育コース3年の日高紀世美です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で『ハッとする心の動きを作り出す』という保育事例(松本博雄・第1そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育:心も体も気持ちいい』ひとなる書房)について討議し、考えたことを書いていきたいと思います。

 この事例は、こだわりがあり、その世界に入りこんでしまうかずまくん(1歳3ヶ月)が、人間関係を作る上で大切である「自分の世界の外へ意識を向けること」ができるようになるために、ハッとする心の動きを保育者がつくり出し関わっていくという実践です。

 ハッとする心の動きをつくるために、保育者は日替わりで違うお面をかぶり登場してみる(朝の挨拶時)、手遊びを繰り返し楽しめるようにしつついつも同じものにならないようにする、りんごの皮むきを子どもたちが目の前で見られるようにするという3つの働きかけを行いました。その働きかけから子どもたちの中にはハッとする心の動きができ、少しずつ外の世界へと意識を向けることができるようになっていきました。

 討論では、子どものハッとする心の動きにつながる活動や働きかけを考える時のポイントにはどんなものがあるのかということを論点としました。事例を踏まえ、子どもが意識を切り替えやすいように変化のあるもの・変化の過程が見れるものを活用すること、その子が自分の世界の外で興味を持つことができるものを増やすという考え方をすることが良いのではないかという意見が出ました。また、発展した内容として、こだわりを排除するのではなくてそのこだわりを利用した働きかけを考えてみるのはどうだろうかという考えも出てきました。


 子どもが違いや変化に気付いたり、違いや変化を感じたりしてハッとし、自分の外の世界へ意識を向けるためには、子どもがわかりやすい違いや変化があることが必要だと思います。そのハッとできる違いや変化は、子ども自身ではつくり出すことが難しいものであるので、保育者が考え、子どもに働きかけていくことが大切であると感じました。こだわりについては無理に排除しようとせず、外の世界へと目を向けるために上手く用いることができないかという風に考えてみると、保育者はその子どもに寄り添った働きかけが考えていけるのではないかと思いました。また、この事例では子どもが人間関係を広げていくためのプロセスである自分の世界の外に意識を向けるということに注目をしていました。人間関係を広げることに直接焦点を当てるのではなく、そのプロセスを考えて段階的に働きかけをしていくことも大切であると考えました。

11/20/2017

特定の保育者から離れられないちひろちゃん (伊加)

  失礼します。特別支援教育コース3年の伊加彩音です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、「特定の保育者から離れられないちひろちゃん」という事例(松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育ー心も体も気持ちいい』ひとなる書房)について、討論を行い、考えたことを書きたいと思います。

  この事例は、特定の保育者と一緒のときにしか安心感を感じられず、落ち着かないちひろちゃん(7ヶ月)が、安心感・期待感を得るためには、また、人間関係を広げ、楽しい時間を積み重ねるためにはどうすればよいかを実践したものです。

  保育者は、ちひろちゃんの期待感を育てるために、好きな遊びは何か探ることから始め、楽しい時間を積み重ねていきました。その結果、ちひろちゃんと、期待・楽しみが伴ったやりとりができるようになり、新しい担任の保育者は、楽しい時間にいっぱい関わっていきました。

  討論の論点は、特定の人物にこだわっていた子どもの人間関係を広げるためには具体的にはどうすればよいかということでした。この実践を踏まえて、心が不安定な状態では安心できる人の側からは離れにくいだろう、楽しい時間ならば、楽しい遊びを一緒に遊ぶ大人と認識し、人間関係が広がっていくのではないか、という話になりました。

  好きな遊びを探り、安心できる人を通して環境の変化にゆっくりと慣れていったり、新しい人と関わって楽しい時間をたくさん積み重ねたりすることが大切だと感じました。


どうやったら眠れるかな?(塩見)

 失礼します。幼児教育コース3年の塩見華奈です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、「どうやったら眠れるかな?」松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育:心も体も気持ちいい』ひとなる書房)という事例について討議し、考えたことを書きます。

 この事例は、ぐっすり眠れないりゅうじくん(3ヶ月)が気持ちよく眠れるために、保育者はどのように働きかけるか。家庭での生活リズムも踏まえつつ、園の生活リズムに慣れるためには、具体的にどうしていけばよいのか実践したものです。

 保育者は途中で腰をゆらゆらすることで、りゅうじくんが眠れることに気が付きましたが、「寝かせられること」が目的にならないように、「それでしか寝ない」ではなく、やっぱり自分で眠くなって寝ることを大切にしたいということでした。
 1つの方法を見つけたら、その方法をずっとやってしまいがちですが、なぜ保育者はそれでも試行錯誤をし続けたのか話し合いの中で話題になりました。
 この方法でしか眠れないというよりは、この方法でも眠れるし、あの方法でも眠れるというように、子どもの選択肢を増やすことが大切なのではないかという話になりました。
 確かに、0歳児の赤ちゃんは自分で選択肢を増やしたり、考えることは難しいので、大人と一緒に眠れる選択肢を広げていくことが大切だと思いました。まさに、子どもとつくる保育だなと感じました。

11/18/2017

動けるうれしさが心を育む(西本佳世)

 失礼します。特別支援教育コース3年の西本佳世です。今回は、保育内容の指導法(人間関係)の授業で、『動けるうれしさが心を育む』という事例(松本博雄・第一そだち保育園『子どもとつくる0歳児保育:心も体も気持ちいい』ひとなる書房)について討議し、考えたことを書きたいと思います。

 

 この事例に登場するさやちゃん(1歳2ヵ月)は、環境の変化が苦手で、先行する「気持ち」に追いつけるような体の「動き」ができません。保育者は手を添えながら、いろいろな体の使い方を知らせたり、さやちゃんの気持ちを大切にして成長を一緒に喜んであげたりすることで、さやちゃんは環境が変化しても気持ちと体のバランスがとれるようになっていきます。

 討論の論点は、環境の変化による不安定な気持ちに対して、具体的にどのような手立てが考えられるかということでした。皆と話し合っていく中で、さやちゃんが信頼をおいている川瀬保育士を介して他の保育士とも喜びを共有したり、一緒に遊んだりすることで、少しずつ新しい環境に慣れるような支援をするとよいのではないか、保育士が逆模倣をすることで、同じ動きを通して近い存在であることを認識していけるようにするとよいのではないかという意見が挙がりました。

環境の変化によって不安な気持ちになるのは、誰にでもあることです。まずは、信頼関係を築き上げるために、誰と楽しい時間を共有するのか、さやちゃんにとって安心できる環境・人・時間はどんなものか、さやちゃん自身が何をしたがっているのかなど、さやちゃんの心が満たされるための工夫をしていく必要があると感じました。